忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~前回のあらすじ~
前回更新が昔過ぎて忘れた…ってのは嘘ですが、まぁ愛知・岐阜でうろついたぐらい?

ここ最近、私事による多忙につき、更新頻度が低下していることをお許しくださいませ。

さて、長かった鉄道旅行シリーズもいよいよ最終日です。はぁ…。
まずは高山から富山の新駅・婦中鵜坂まで高山本線でひたすら移動。
「地方部に新駅?」と不思議になるでしょうが、富山では鉄道事業が推進されているのです。

しかし、この駅、なかなかツッコミどころが多い。
まず、接近放送が列車発車後数十秒後まで鳴り止みませんしね…。これはアカン。
それに、駅から一般道に出るまで数分もかかる。普通の地方駅は駅の目の前が道路なんですが…。

しかし、「さすが新駅!」と唸らせる部分もありました。
まぁ法律上仕方なく、って面もあるのでしょうが、他の地方駅への普及を期待したいものばかり。

①スロープ完備
②駅前には駐車場…パークアンドライド推進
③小ぶりながらロータリーも設置
④点字案内板設置

P1060788.JPG
▲ご丁寧に英語表記も。まぁ富山の都市部から近いのは事実なんですが。

そして次の列車で富山へ、そこからは路面電車で南富山に移動。
珍しいことに、普段「環状線」で活躍している車両が出庫のために富山駅前ゆきに。

P1060838.JPG
▲欧米風の顔がカッコイイ。実は環状線も富山の鉄道活性化の一環で運転されています。

さて、ここからは路面電車と同じ会社「地鉄」こと富山地方鉄道で富山へ直行。
車両は京阪ファンなら思わず歓喜してしまう…。

P1060856.JPG
▲元・京阪3000系(初代)。転換クロスシートは健在です。@電鉄富山

塗装はオリジナルですが、折角なので京阪時代の塗装に戻してみることに。

P1060857.jpg
▲雰囲気的には、1900系の色合いに近い感じでしょうか?

更に調子乗って、「もし3000系が一般車に格下げされたら…」という妄想を働かせ…。

P1060858.jpg
▲ちょっと鮮やか過ぎましたね。まぁ左端に見える車両の色合いはいいかな?

変な遊びはこの辺にして、この後は先程の「環状線」に乗車。
将来は富山駅高架化を機に、富山ライトレールとつながる予定なんだとか。
富山の鉄道推進ぶりは鉄道ファンとしては嬉しい限りです。

環状線を一蹴一周して富山に戻りまして、北陸本線に乗車。
降車駅で見た衝撃的な光景とは…!

~次回に続く~
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS