忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

最近鉄分欠乏症に悩まされているKeihan7203Fです。こんばんは。
(因みにここでの「鉄分」とは鉄道分、即ち鉄道体験が不足していることを指します)
今回は、久々に写真がない記事をお送りします。

僕が普段都営バスにお世話になっていることは度々紹介しています。
然るに都営バスが好きになるのも、ある意味当然の話です。
ところが、学校の友達に都営バスの感想を訊くと違う答えが返ってくることがしばしば。

板橋に住む友達は「運転が荒い」と一蹴。国際興業バスの方がよほど接客がいいようです。
また、神奈川に住む別の友達は「東急バス神だろ!」とのこと。
彼も僕と同様、地元のバス会社に感情が寄るという感じのようです。

では実際に接客態度はどうなのか?

~都営バスの場合~
僕の標準的な都営バスの接客イメージというと、

 ① 自動放送の「発車します、おつかまりください」とは別に「発車致します」と案内
 ② 交差点の右折時・左折時には必ず「右へ曲がります」「左へ曲がります」
 ③ バス停到着前には「はい、ありがとうございました。(バス停名)です」

まぁこれぐらいが標準って感じなんですよね。
当然、これより接客の不十分な(と僕が感じる)乗務員さんもいます。
逆に、アホみたいに接客が丁寧…で、むしろそれが不快という乗務員さんもいます。

 「えぇ本日、ご乗車のバスが通っております六本木通りの交通が順調な為、
  予定より早い時間にこのバス停に到着致しております。
  お急ぎのところ申し訳ございませんが、発車まで4分少々お待ちください」

これは極端だと考えざるを得ませんよね。
一般的な乗務員さんなら「26分の発車です、お待ちください」で終わりのところを。

~東急バスの場合~
東急バスのイメージは結構丁寧な感じだったんですよ、この間までは。
始発停留所発車後、自動放送が鳴り終わった後に…。

  「東急バスをご利用くださいましてありがとうございます。
  このバスは、渋00系統 〇〇駅前ゆきでございます。
  途中お降りのお客様は、お近くの降車ボタンにてお知らせください…」

ところが、この間都営バスとの共同運行である東98系統に乗ってその印象が一変。
東急バス担当便に乗ったときの話です。

「共通定期券取扱車」との表記が東急バスの車体にあり、
てっきり都営バスの「PASMO定期」も適用されると勘違いした僕はPASMOをタッチ。
対応している筈もなく見事に運賃210円を差し引かれてしまいました。

念のため運転士に特免してもらえないか訊いたとき、衝撃の一言が。

 「仕様です」

その場では言いませんでしたが非常に腹立たしくなったのでした。
この運転士は接客する気があるのか?と思ってしまうほど。
まぁ100%僕が悪いので、あまりでかいことは言えたものではないのかも知れませんが。

~考察~
同じ会社内で何故これほど接客態度に差があるのか。キーワードは「営業所」です。

例えば都営バスの場合、杉並・港南支所は事業をはとばすに委託しています。
そうすると、接客態度が上がるのは想像に難くないでしょう。
観光バスの接客クオリティが路線バスに提供されているのですから。
(因みに東98系統の都営バス担当便は港南支所が管轄。非常に丁寧な接客です!)

ただ、営業所どうこうということを利用客は全く意識しないのが普通なので、
接客態度の「底上げ」というのは必要なように思います。

皆さんの地元のバス会社の接客はどうでしょうか?
コメント欄に書いてもらえれば嬉しいです♪
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS