忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

1週間ぶりの更新。「一体お前は何をしているんだ」と責められても仕方ないKeihan7203Fです。
最早ブログの右下にあるtwitterの方がメインコンテンツ化しているのでは…というのはさておき、
成田湯川に着いたところから今回の記事を始めたいと思います。


~ 人影ほぼ無き成田湯川 ~

成田湯川に到着。ちょうど上り列車も到着していました。


▲ホーム限界上これが精一杯…もう少し引いた画の方が良かったのでしょうが。@成田湯川

上下線ともアクセス特急は日中40分ヘッドですから、40分ごとに離合が見られるのでしょうね。
そういう点ではあまり苦労しなくてもいい並び、という言い方もできそうです。

さてここ成田湯川、実は撮影地としても…と言いたいところなのですが。

P1120610.JPG
▲どう考えても手前の人工物が邪魔ですね…緑の電車に緑の背景は合いますが。@成田湯川

yamakeso氏いわく数年前はこんな建造物は無かったということで、一体何なのか気になります。
道路にしてはあまりに駅に近接しすぎている気はしますが…。

コンコースは最近の駅らしく、なかなか凝ったデザインとなっております。

P1120617.JPG
▲この雰囲気、中之島線に似て非なる雰囲気を感じるのは自分だけでしょうか?@成田湯川

割と素っ気ないホームから降り立つと思わず「おお」と息を洩らしてしまいますが、
実はこの区域は従業員専用というよく分からない状態。
広そうに見えるコンコース、その面積の約半分は立ち入ることができません。
(約半分とはいえ真ん中にド派手な吹き抜けがあるので実際半分という訳ではないのですが)

そしてですね、我々が一番驚いたのはコンコースから見下ろせるこれです。

P1120614.JPGP1120616.JPG
▲ロータリー。そう、なんとも立派な急造感あるロータリー。@成田湯川

HRktkr!というのはともかく(理解できない方は理解できなくても全く構いません)、
バスがここまでわざわざ来ているとは驚きでした(大した需要もないだろうに…)

実のところ、元々この近くに湯川車庫がありそこから発着していたバスの拠点をここに移した、
ただそれだけの話のようで我々の思ったよりかは大規模な路線改編はなかったとか…。
(後、「大都市東京圏」の象徴たる前払いが採用されているとは驚きでした…千葉県民スミマセン)

でもねぇ…タクシープールは…見事に空っぽなんですが。どうしてくれましょうか。
朝夕にはサラリーマンを出迎えるタクシーが並んでいるものと想像したいですが。
(それとも愛妻の運転する車がお出迎え?よく分かりませんけれども)


~ 「東急車輛」も過去の話 ~

さて、成田湯川からは再びアクセス特急で空港第2ビルまで移動。
今度は京急車、てっきり600形しか運用に入れないものかと思いきややってきたのは1000形。
銀千かと勝手に落胆(というか最早卑下ですが)していたらなんと総合車両製作所製…!


▲一旦新根古屋信号場で停車、行き違い・通過待ちをするダイヤ。走行音ではカットしております。

そして車内の作り込みも驚くほど丁寧で、いい意味での京急らしさを改めて感じました。
銀千も悪くないなぁ、と思ったり(もっとも、209系から続く扉の窓の形状は前から好きなんですが)。



~ 空港第2ビル名物? ~

ドアカットをホーム延長で解消、という例は代官山・神泉、発展的な例では梅屋敷が有名で、
ホーム長が足りないためにドアカットという例は九品仏や戸越公園が広く知られていますが、
この時期に及んで「ホーム長が足りなくなった」というのは珍しいですよね。
かつ、それでいて「ドアカットを諦めた」という例もかなり珍しいのではないかと推察します。
(ここで京阪ファンとして宣伝しておくと、京阪の橋本駅では8連の車両が停車することになり、
 ホーム長上ドアカットが検討されたそうですが安全第一ということでホームを延伸したそうです。
 現行ダイヤにおいて8連が1列車しか停車しないのはともかくとして

さて、ここ空港第2ビルではそれを見ることができるんですね~。

P1120625.JPG
▲事情を知らないと「どこがマズイのさ?」という話ですが…。@空港第2ビル

奥に柵が見えますね。実はあの柵の向こうが京成線、手前がスカイアクセス線なのです。
両者では経路が違うので当然別運賃。で、上の写真は京成の車両なのですが…。
そう、2両分くらいスカイアクセス線のホームにはみ出ているんですね。
一応掲示物で警告はしてありますし、車掌+駅員の二重チェックがあるので大丈夫でしょう。
少なくとも、ホーム長の不足に伴う生命の危険は殆どないと言っていいと思います。

P1120636.JPG
▲こうしたオブジェ?も、また暗い空港の駅においては見所と言えるでしょう。

副都心線の駅は白を基調としてやたらに明るい印象がありますが、
対照的に東急管轄の渋谷に限っては敢えて暗い雰囲気を演出していますね。
地下駅でも色々な意匠の施し方がある、その違いを見比べるのも面白いかも知れません。


次回は空港~元・成田空港編をお送りします。それでは。
PR
こんばんは、明日から校外学習で東京から消えるKeihan7203Fです。
無事に帰って来れるよう体調を整えて…と言いたいところですが喉の調子が…。
こんな状態で大丈夫ですかね?(どうでもよくはありませんが一応校外学習の委員長です)
…と書いてからようやく金環食を思い出す私。一体何なんだか…(笑)

私事はひとまずさておき、とりあえず終わらない連載を終わらせるべく記事を進めます。


~ 夜の中之島線へ ~

三条からは 特 急 で京橋まで急行(この文面、実は本連載2回目)。
三条での連絡相手は旧塗装の 準 急 。この日は結構旧塗装に当たった気がします。
(そりゃ、1日中京阪電車乗っていて旧塗装が1編成も来ないほど減ってはいないでしょうけど)


▲車掌側の窓が開閉可能な構造、いつ見ても味が出ていますね。@三条

京橋からは中之島線へ。こちらは1000系(新塗装)のKBでございました。
終点の中之島まで乗車して、目的のRN(一般8連)に折り返し乗車。車両は…。


▲イケメンな7200系の後輩、9000系!前照灯点灯試験中ですね。@中之島

ええ、6000系じゃなくて本当に良かったです(6000系ファンの皆さまゴメンナサイ)。
おかげ様で京橋まで、静かな車内で沢山走行音の録音ができました♪


~ (個人的)ネタ運用・夜の部 ~

実は夜の京阪を観察するのは今回が初めて。
どう行動するか迷ったのですが、時間の都合もあって香里園での定点観測に挑むことに。
と、その香里園に向かう列車が早速レアな運用となっていました。


急 行  出町柳 、5000系による運用。平日朝1本を除き急行は終点まで先着。@香里園

識別灯の片目点灯(とでも言うのかな?)が関西チックで好きだったり…。
と、そんなことはともかくこれが特急のような速達列車の性質を持つのですから凄いことです。

で、ここからは諸事情により時系列順に写真を掲載しない方針を採りますのでご理解ください。
(要するに自分が「お!」と思った運用を大体分類して掲載するということです)

① 車両に注目の運用
普通中之島、普通出町柳という大したことのない写真ですが…。


▲どちらも決して長くは現状を保てなさそうな車両。記録は大事ですね。@香里園

左は2225F…だったかな?2200系最後の前期車だったような気がします。
他の編成は全て廃車されてしまいました。特に新塗装・2222Fの廃車は衝撃でしたね…。
この編成もどうなることやら、2200系自体に興味はあまりないものの気になってしまいます。
「季節限定」「残り僅か」に弱い日本人ならではでしょうか(笑)

右は言わずもがなな旧塗装車ですね。この渋い色とのお別れもあとわずか。
(そう言えばこの旅行で2400系旧塗装車に遭遇していないような…消滅したんだっけ?)


② 特急車が特急キャラな急行運用に入る姿
この時間に特急がない訳ではないのですが、
急行と交互に出町柳に先着しているようで必然的に特急車による急行運用が発生してきます。


▲どちらも悪い写真ですみません…というより3000系に至っては種別表示が潰れてる(汗)

片側点灯がいいなぁ…と暫し感慨に浸ってしまいます。
3000系は識別灯を含めてデザインされているためか些か不自然な気もしますね。

同じ「急行出町柳」でも、5扉車(うち3扉が機能)が来たり特急車が来たり一般8連が来たり。
この運用の多様さが僕を惹きつける京阪の魅力の1つなのかも知れません。
(もっとも、京阪側としてはあまり効率のいい車両運用が組めなさそうで大変ですが…)


③ 3000DA!

快速急行 淀屋橋 。それは2011.5改定で誕生した衝撃の運用。
快速急行は中之島線専用の優等種別であって、淀屋橋入線は考えられませんでしたから。
で、それを列車番号の法則で「快速急行=D・淀屋橋ゆき=A」からDA(読み:だ)と申しまして、
「3000DA!」とか「8000DA!」とか言っている訳です。あ、勿論ファンだけですよ。


▲DAの2本目と3本目。代わり映えがしないなぁ…って当たり前か。@香里園

側面方向幕LEDも頂きました。因みに後述する8000系の方向幕もゲット。
初めて生で見ただけに、信じられない半面かなり興奮してしまいました。


▲渋めの紅に紫は何となく重々しい印象…やっぱり3000系の方がお似合いですね。


④ 「8000DA!」で淀屋橋へ!

とまぁ、順不同にこのような体験をした後は実際に「DA!」乗車ということで、
DA!④(8000系2本目)の列車に乗ってみました。


▲鳩マーク非表示で識別灯両点灯という姿は、登場時話題になったようです。

補助椅子が出ないのが残念(というより、枚方市までは特急と同じだから変な気分)ですが、
特急車両での快速急行という不思議な気分が味わえたのでよしとしましょう(笑)


~ (個人的)ネタ運用・深夜の部 ~

淀屋橋に着いた頃には2230過ぎ。夜から深夜に差し掛かろうとしていたときです。
さっきの「8000DA!」は折返のFRとなっていました。こちらもあまり見かけませんね。



▲右下のカットは新車でも入れば大して珍しくなくなるのかも知れません。@淀屋橋

こうしてみると8000×急行というのは案外相性がいいものですね。
一番似合わないのは…区間急行かな?(方向幕の緑と車体の紅が喧嘩しそう)

ということでこれで京阪を離脱。2310大阪発の高速バスで帰ろうとしたら…。
なんと乗るバスが2350発だったことが発覚。ふぅ、逆の勘違いだったら命取りでした。
せっかくなので再び淀屋橋へ。そこにいたのは深夜キャラの 準 急  三 条 。
まさか会えるとは思ってもいなかったので大興奮!はしゃぎすぎました。(声は出していません)


P1120345.JPG
▲よどやばしい(形容詞:淀屋橋らしいこと)電光掲示板も思わずパシャリ。@淀屋橋

で、充当車両がこいつということは反対側(7004側)は違う顔で2倍美味しい筈なのですが、
ホーム限界の都合もあってうまい写真は撮影できませんでした。残念。

もう1本準急を待っても間に合いそうだったので、ネタ編成を期待していたら…。


▲ごちそうさまでした。しかも何故か到着後も前照灯つけっぱなしでした。@淀屋橋

ということで、この旅行を締めくくるに相応しい写真となりました。


ふぅ。何とか完結。
明日からは東京におりません、次回の記事はGWの話(今更!)になるかと思います。
こんばんは。今日、3・4時間目(自習)~昼休みの時間を使って、
「交差点でジャンケンして勝者が進路を決めるゲーム」(←名称募集中)をしたKeihan7203Fです。
結局、渋谷に辿り着いて都営バスのターミナルを拝んでしまいました…。
(このほか1時間目も自習ということで、大変充実した休息を得られました…という話はさておき)

そういうことで、絶賛停滞中のブログ記事を書き進めて参りたいと思います。


~ 現行ダイヤを少しだけ考える ~

出町柳からは、三条には 準 急 が先着ということで準急に乗り込もうとしました。
お相手は、7連化後初めて見かけた気がする6002Fでございます。
(と言っておきながら8連時代の6002Fの写真が見つからないので至極焦っております)


▲基本編成表が京阪のサイトにあった頃、長らく「暫定8連」が組成されて話題となりました。@出町柳

6002Fの7連化に関しては、

基本編成表上7連表記されるも暫定8連で女性専用車両ステッカー装着、どう見ても一般8連

7連を組成するも女性専用車両ステッカーはそのまま、どう見ても暫定7連

8連に戻される(基本編成表は「暫定8連」)

7連化、女性専用車両ステッカー撤去。正真正銘の所定7連に

という流れでしたっけ。基本編成表が京阪のサイトにあった頃が懐かしいです。
(公式情報として車両の登録・廃車・除籍等が分かるという、大変珍しい情報源でした)

で、この準急、折り返し時間が短すぎて発車手順がかなりグダグダになっていました。
発車メロディー鳴動→車掌放送→運転士電鈴→車掌乗降促進音鳴動→車掌戸閉…。
(車掌放送というのは始発駅で発車時刻・種別・行き先・停車駅・連絡情報を言うアレです)

ダイヤ上出町柳での普通系が1分折り返しというのは割と無理がある気がしないではありません。
これは今改定(2011.5)からの取り組みで、 特 急 の折り返し時間に余裕を持たせるためです。
折り返し時間は5分→9分とほぼ倍加、特急がX0分発からX4分発になりましたが、
そのしわ寄せが普通・準急に行きかけているという現状を目の当たりにしました。

「これダイヤ乱れたらどうするんだよ」とも思ったのですが…そうだったか。
日中のダイヤ整理、京都方は特急の神宮丸太町臨時停車+普通・準急は三条止、
このパターンが十八番になっていたんでしたね。
(どうも3000系のLCDに神宮丸太町臨時停車が対応されているようで…恐るべし京阪)


~ 7203F再来! ~

一件落着したところで三条に到着。本当はすぐに地下鉄に乗り換える予定だったのですが、
出町柳ゆきのホームを見るとそこには7203Fが!
これで折り返しを待つことが確定しました。なんのための準急乗車だったんだか(笑)


▲ひらパーHMは来年2月まで、HMを外した姿も見てみたいものです。@三条

どうでもいいですが京都方先頭車・7203号は新塗装化後初見。
昨夏、京都方先頭車の通称「ヲタ席」で走行音を録音したのはいい思い出です。

ところで、京都地下線の駅に関して常々疑問に思っていることがあるのですが、
これは一体どんな需要を見込んで漢字三文字の板を貼りつけたんでしょうね?


▲ご丁寧にコップまで…本気で飲ませようとしている?@出町柳

本ブログでも取り上げるのは2回目ぐらいだったかと思いますが、
ご存知の方はコメント欄にてご教示頂ければ幸いです。
(というか、この水道で喉を潤しているところを掃除の方はどう見るんでしょうね?)


~ 大津線もおめでたの100周年! ~

三条からはいつものルート、東西線→京津線で浜大津へ。
いつになく混雑している印象がありました。普段は必ずと言っていいほど座れるのに…。
(もしかして、初めて太秦天神川始発の電車に乗ったのかな?)

何度見ても飽きない京津線。大谷発車後のインパクトもさることながら、
個人的には二度として同じ風景の存在し得ない路面電車区間が一番好きです。

浜大津到着後、早速カメラを持ちだして撮ったのはコレ。


▲800系と700形の並び。どちらも100周年HMを装着していますがデザインは違います。@浜大津

大津線にやってきたのはほぼこれ目当てと言っても過言ではありません。
勿論、ラッピング車に興味がない訳ではありませんが日も暮れてきているのでなかなか…。
(あ、8月からの600形京阪特急色化は大変楽しみです!)


▲石山坂本線のHMと京津線のHM。それぞれの車体の色に合わせてあるのがw借ります。@浜大津

石山坂本線のHMの「00」部分は石坂線、京津線のラインカラーになっているんですね。
それを普段利用者が意識するかどうかはともかく、考えられているんだなぁ、とは思います。
(因みに京津線800系の黄色い帯の正式な色名は「刈安色」と言うそうです…)

一方の京津線HMは往年の80型「こわび」が描かれていて素敵です。
(そう言えば寝屋川市と共同で進んでいる80型復活プロジェクト、その後が気になる…)

このHM、「これからも地域の皆さまと共に」という言葉通り、
大津線系統は地域色がかなり濃い(いい意味で都会らしさがない)ように思います。
地域鉄道が大津の人々に愛されていることを確認できて安心したように思いました。


~ 京都駅経由で再びの三条へ ~

浜大津から再び京津線で三条へ、お土産購入と乗り換え体験を兼ねて東福寺へ。
(因みに駅員氏に「八ツ橋は何処のものがいいですかね」と訊いたところ困惑していらっしゃいました。
 そりゃそうか、特急停車駅ならともかく東福寺で訊くなんて需要ありませんもんね…)

東福寺乗り換えというのは、「JR⇔京阪の乗り換え改札を作りました!」というもので、
さぞかし便利になったんだろうと期待していたも虚しく、

京阪の出町柳方ホーム-京阪改札-階段-JR改札-階段-JRのホーム

という、お世辞にも快適とは言えない乗り換えになっていました。
(勿論、それ以前よりかは遥かに便利になったのかも知れませんが)

元々JRの奈良方面ホームと京阪の出町柳方面ホームは、
JR奈良線が単線だった時代壁も何もなく繋がっていたそうで、
現在の状態は東京で言うところの九段下状態(半蔵門線⇔新宿線)なのです。
その頃と比べると、どうもインパクトに欠けるのが現在の乗り換え改札です。


▲真っ暗な中、対向車両の撮影に挑戦。関西は相変わらず国鉄車の楽園ですね。@東福寺

この後は京都へ移動→八ツ橋をゲット→烏丸線へ。
近鉄車来ないかなぁ、と念じているとなんとやってきてくれました!しかもシリーズ21!


▲しかしまぁパッとしない色、表情に欠ける先頭部…らしいと言えばらしいですが。@烏丸御池

近鉄車だと何が面白いかって、VVVF好きの自分には走行音も魅力的ですが、
京都市営地下鉄線内で発車時に必ず吹鳴する警笛が面白いですよね。
とても警笛とは思えません。どう考えても自動車のクラクションです。
(旧型車両に至ってはただの雑音にしか聞こえない人もいなくはない筈…)


と、まぁそんなこんなで烏丸御池→三条京阪=三条と到着したところで今回は終了。
次回は夜運用編、次々回は最終回(深夜編)かな?と思います。それでは。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS