忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

~前回のあらすじ~
名鉄は特急快特じゃなきゃキッチリ特別車を締め切る主義。甘い汁は吸わせないぞ!
 
豊橋~大府間では2回連続で313地獄を体験(まぁ車内設備は申し分ないんですが)。

P1060213.JPG
特別快速 大 垣 。やっぱりおでこの広い車両はかっこ良く見えない…。

P1060221.JPG
▲種別幕に英文字はありません。外国人には色だけで区別しろということでしょう。

そして今回、ようやく電化区間を脱して武豊線へ。これで313地獄から脱出!かと思いきや…。

P1060238.JPG
▲…アレ?これって313系じゃないのぉ~?

ということで、極限まで313系との共通設計を試みたキハ25系の襲来。
おでこのヘッドライトがなくなり、更にいかつさが強調されていて嫌いなんですが…。
(武豊線は将来的に電化=313系を導入して、キハ25系は高山本線に飛ばされる予定。
 どこに行っても313系という時代も決して遠くはありません。あぁ吐き気がする

これで終点・武豊へ。駅前にはどうしようもない(?)ロータリーもどきがありました。
その真ん中にある銅像。高橋煕(さとし)氏のものだと言いますが、彼は一体…?

半世紀ほど前、武豊線に高潮が襲いかかって線路が流失したところに列車が接近。
国鉄職員・高橋は発炎筒で危険を知らせ、乗客・乗員の命を助けたといいます。
しかし彼自身は高潮にのまれ、翌日殉職していたのを捜索隊が発見。
新聞でたちまち話題になり、彼の業績が称えられて現在に至ります。

命を犠牲にしてまで他人に捧げるのはよほど勇気のいることでしょうね。

さて、ここからは名鉄の知多武豊まで徒歩で行き、
知多武豊→普通 武 豊 →阿久比→特急 名古屋 →金山→ 普 通  高蔵寺 →大曽根と移動。
(実は知多半田で予定と反対側の電車に乗ってしまい、予定を前倒ししたのはここだけの話)

大曽根からはかの「ゆとりーとライン」に乗車…って、どう見てもバスなんですが。

P1060329.JPG
▲目(ライトの配置)がバスにしては珍しくデザイン性があってカッコイイ!

この運転士、実はハンドルを握っていません。補助車輪がハンドルの向きを変えてくれるのです。
そう、専用軌道による定時運行がこの鉄道線の売りです。

これを守山までお試し乗車、そこからは名鉄で栄町に向かいます。
今度は瀬戸線なのですが、これが関東の東武東上線と同じように本線系統から独立。
雰囲気も本線とは全く異なります。

P1060364.JPG
▲ボロい車両についた近代的スカートが超ミスマッチ。バケモノか?(笑)

こいつ、ドアチャイムもあるわ、自動放送もあるわでミスマッチのオンパレードです。
これで大曽根に移動、大曽根からは後続の急行で栄町へ。

P1060376.JPG
▲見るからに新車。シャープなエッジに大人しい目つきはなんとなく釣り合わない…。

ところで、この路線は驚きの運転形態を採っています。それは…。
普通準急急行はいずれも終点まで先に到着。途中に交換設備がないのです。

この後は名古屋市営地下鉄巡りをしたのですが、それはまた今度にしましょう。

~次回に続く~

追伸:9/10に更新が間に合わなかった…(涙)
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS