忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ここのところ身の回りの鉄道に動きがないKeihan7203Fです。
(京阪13000系が川重からお目見えすればまた1記事ぐらい書けそうなものですが…)
従って(?)、今回も撮影記になります。

今回は、本ブログ上では初となる駅間(踏切)での撮影に取り組みました。
小田急の超有名撮影地、新宿~南新宿間の踏切です。先客が数名いらっしゃいました。
(尚、通勤車に関してはこれといったトピックがなかったので割愛します)

P1100773.JPG
スーパーはこね(50000形10連):まともに撮ったのは実は今回が初めて。

真っ白な車体、床下部分を覆うカバーはまさしく新幹線さながら。復活した展望席。
VSEは、「ロマンスカー再生」に相応しい存在と言えるのではないでしょうか。

展望席と言えば、名鉄は完全に展望車を手放した印象が否めないですね。
一応特急型の2200系には先頭部にマジックミラーがあり、
そのデザインから受ける印象とは逆に眺望は確保されていますが、
やはり前を運転室で遮られるのと遮られないのとでは大きな違いがありますよね…。

P1060121.JPG
▲豊川線快速特急というネタ列車なのはさておき、見た目には眺望は悪そう。@豊川稲荷

P1100776.JPG
あさぎり(20000形7連):このあさぎりが見られるのも、あと数ヶ月。

無計画に出撃した割にはちょうどいいタイミングで撮れてよかったです。
(一応、近くの紀伊國屋で東京時刻表を確認してはいたのですが)
どうでもいい話ですが、個人的にはこいつよりJR東海の371系の方が遭遇率が高い…。

で、「撮れてよかった」という割に何ですが、僕はこの車両あんまり好きじゃない。
内装を諸サイトで拝見しましたが、「灰色」という印象しかない。
まぁこれが90年代の特急の1つの特徴というのは分かる気がしますが…(例:西武10000系)。

外見の色合いも正直「どうよ?」という感じなんですよね。僕から言わせてみれば。
青も赤も、鮮やかさに欠けてどこだか色褪せたような雰囲気を醸しだしているように見えます。
鮮やか過ぎてもけばけばしいだけですが、せめて赤はもう少し派手でもいい気がするんですね。
ただ、JR東海の371系が落ち着いた色合いですから、それとはいい意味で対照的ですが。

…と、散々批評していますが、まさか20年で廃車とは…と驚きを隠せないのが正直なところ。

P1100782.JPG
はこね (20000形7連):まさか立て続けにやって来るとは…驚きです。

という説明文も実は半分嘘のようなもので、
実際は新宿への送り込み回送の時点で「怪しい」とは思っていました。

遜色「はこね」…と口を滑らせそうになりますが、2階建てという点はVSEに優っているとも言えます。
展望車のLSE・HiSE・VSE、上質な車内空間のMSE、2階建てのRSE。
それぞれに他を寄せ付けない魅力があり、「はこね」充当に相応しいものと言えます。
しかし1つだけ「はこね」になって欲しくないロマンスカーが…ゲフンゲフン。

P1100785.JPG
さがみ (30000形10連):いつ見ても、小田急には合わない色合いだなぁと思います…。

今からでも遅くないから、色を変えようとかそういう思想にはならないんでしょうかね?
銅色とでも言うんでしょうか、この色の設定理由が未だに理解できない。
しかしあと4年ほどでこの車両も20年、初期修繕が必要な頃合いになってきますね。
そのときにどういう変貌を見せるのか、はたまた何も変わらないのか…気になるところです。
(それより前に大学受験あるだろとかそういう指摘をしてはいけない)

P1100793.JPG
はこね (30000形10連):題「お前だけは箱根に行かないで欲しい」(笑)

あ~あ。遜色「はこね」来ましたよ。
かつてイメージリーダーとして起用した結果、「はこね」系特急の利用者が減少して、
それより古いHiSEがイメージリーダーに起用されることになったようです。
この車両が持つ遜色感は何も鉄道ファンの感覚だけではない、ということですね。

元々通勤用のロマンスカーという訳で登場しているのですが、
一番ベストなのは従来の特急車に増結する形態なんでしょうね。
そうすれば日中は車庫で通勤用車を休ませて、観光用車を運用させられます。
ただ、小田急ロマンスカーは構造上連結ができなかった、と(EXE・MSEは除く)。
そう考えれば、輸送力増強の意味でも2階建車の連結は考えられたと思うのですが。

まぁ、過去を責めても仕方ない。これからどうリニューアル等を施していくのかが焦点でしょう。

その②に続きます。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
お願いですから、もう考察記事はやめて下さい。
私の友人も、「なんだあの酷い記事は!」と怒っておりましたし。

EXEとRSEの塗色にはきちんとした理由があります。
また、それらの内装も、表現方法はどうであれロマンスカーに相応しいクオリティが備わっています。
文句なら、先ず乗ってから言って下さい。
yamakeso URL 2012/01/20(Fri)09:23:50 編集
Re:無題
客観性に欠ける批判が度を過ぎてしまいました。
気分を害してしまい、大変申し訳ございません。

「考察記事」そのものは、今後も継続させて頂きます。
尚、その考察たるものが客観性を持つものなのか、
はたまた自分の主観の誇張に過ぎないのかの分別につきましては、
今後このようなことのないよう細心の注意を払って執筆させて頂きます。

ご迷惑をおかけ致しまして大変申し訳ございませんでした。
今後も弊ブログをよろしくお願い致します。
【2012/01/21 00:17】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS