忍者ブログ
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

だいぶ前、京都・大阪間を結ぶ京阪電車で臨時「ターフィー号」が運行されました。
これは、京都競馬場で開催される京阪杯に合わせて、
大阪側の淀屋橋~京橋の各駅から京都競馬場の最寄駅・淀までノンストップで結ぶもの。
現行ダイヤの最速種別: 特 急 の停車駅である枚方市・樟葉も通過する、画期的な列車です。

が、ここで「あれ?」と思われる方もいるのではないでしょうか?
京阪電車の京都競馬場輸送対策は既に存在するのです。
それが、本ブログの初期の記事でご紹介した 急 行   淀 
午前中に淀ゆきが5本、午後に淀始発が3本、淀屋橋発着で運転されています。

P1040336.JPG
特 急 に抜かれはするけど終点まで先着、という些か歯痒いダイヤ。@八幡市

では、この状況で新たに臨時列車を設定する意図はというと、
競馬場利用者の集客と鉄道ファンの集客が考えられます。

競馬場利用者としては、
車内でスポーツ誌の記者が行う初心者向けのレクチャーが非常に意義深いと思います。
また、"ノンストップ"ということで、やはり「速い」という印象もあるのでしょう。
ですが、「"ノンストップ"=速い」は大嘘だということをここで明言しなくてはいけません。

ということで、今回の臨時「ターフィー号」のダイヤグラムをここで提示しましょう。

turfy.PNG
▲いつものように桃色線が臨時列車を示します。

尚、時刻・待避等の情報は、
京阪の公式発表及び個人ブログ「京阪特急9003Fの鉄活記Ⅱ」の記事を参考に、
独自で推測したものを採用しております(実際の運行状況とは異なる場合があります)。

ここで衝撃なのは、なんと 特 急 に追い抜かれるということです。それも駅ではない場所で。
つまるところ、複々線区間(実質的に京橋~萱島)で追い抜きが行われているのです。

種明かしをすると、ターフィー号は京橋から急行線で走行しているのですが、
守口市の手前で緩行線に転線。急行線を走行している 特 急 に抜かれてしまうのです。
その結果、ターフィー号を抜く 特 急 に乗車・枚方市で 普 通 に乗り換えるのと比べて、
4分しか先行しない、もはや名ばかり以外の何者でもない"ノンストップ"になっているのです。
(因みに 急 行   淀  よりも運転時分が長くかかってしまっています)

つまるところ、「ターフィー号」の列車としての実用性はほぼゼロと言えるでしょう。
初心者以外の競馬場利用者にとっては 急 行   淀  に乗る方がよほどいいのです。

とすると、次に考えたいのは鉄道ファンの立場ですが、それは次回の記事に回します。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
最新コメント
[05/04 の猪井TK66th]
[12/21 の猪井]
[10/31 n]
[08/18 あび宇治線プロ]
[05/21 桑野]
Twitter
Copyright © 2008 Keihan7203Fの独り言。 All rights reserved.
忍者ブログ [PR]
Template by SOLID DAYS